定期建物賃貸借契約とは?


定期建物賃貸借契約とは?


保証人なし・保証会社なし・審査なしの賃貸住宅は、定期建物賃貸借契約が一般的です。

定期建物賃貸借契約は、「普通賃貸借契約の自動更新」と異なり、更新のない契約です。

契約期間満了後は、退去しないといけませんが、引き続き住みたい方は、再契約をする必要があります。





定期建物賃貸借契約のメリット


共同住宅における基本的なルールをお守りいただけない入居者様は、再契約をお断りさせていただきますので、安心して生活ができます。

それに対して、一般的な普通賃貸借契約では、全ての入居者様は居住権で守られるため、相当な理由がなければ、退去させられることがありません。

例えば、ひどく騒音を出す入居者様を退去させるには、警察の介入、もしくは裁判での判決が必要になります。





定期建物賃貸借契約のデメリット


再契約の手間がかかります。

契約期間は1ヶ月間が多く、2ヶ月目以降も居住される場合は再契約の必要があります。

再契約が煩わしい方は、保証会社に加入していただくと、普通賃貸借契約(自動更新)に変更することができます。